マイホームの安心を支える構造

マイホームの安心を支える構造

ベタ基礎
地面をコンクリートで覆うので、地面からの湿気とシロアリの侵入を防ぎます。
基礎
基礎パッキン工法
通気の為の基礎パッキンを基礎と土台の間に固定します。全周換気で空気の淀みがなく、床下全域を乾燥させます。住まいの耐久性を高めます。

在来軸組工法
日本の気候や風土が生み、古来より親しまれてきた工法です。柱や梁などの軸で骨組みを造ります。建築基準法と補強金物の進歩により以前に比べとても強固です。燃えない住宅はありませんが、他の造りに比べ木造住宅は木材が炭化することより延焼を遅らせることができます。さらに耐火構造の家は火災保険料が安くなるメリットも。プランニングの自由度が高く、強固な集成材により大開口の造りも可能になりました。日本で一番主流の工法なので、リフォームがしやすいという利点もあります。

制震工法
ダンパーなどの制震装置で建物の揺れを吸収し、地震エネルギーを建物全体で受け止め、揺れを軽減する考えです。*オプション

断熱材
暑さ、寒さといった熱の影響を抑え、建物を保護する「断熱材」。ノンフロンのウレタンフォームを現場で吹付けし、家の内側からすっぽり覆いつくします。隙間なく埋められるので袋入りの断熱材のように、劣化や水分を吸ってずれ落ちる心配もありません。

PAGE TOP