リノベーションでできる事・できない事 マンション編

リノベーションでできる事・できない事 マンション編

マンションのリノベーション
マンションリノベーションのポイントは、専有部(自分の持ち物)か共有部(マンションの持ち物)かを見極めることです。
専有部分は、自己が所有している部分という考え方ではなく、居室内の内側部分と考えれば分かりやすいです。
例えば玄関は、外側は共有部分になるので交換はできない。ただし内側は専有部分なので、塗ったりという事ならばできます。窓やサッシも外側は共有部分なので交換はできません。ベランダも同じような理由でできません。また、両わきは避難経路にもなるので物を置かないようにしておくことも忘れずに。

構造体の内側までなら専有部分なので、場合によっては天井高を上げることはできます。内装の変更は、壁を抜いたり、床の張替え、建具の交換は自由にできます。水廻りの移動は、パイプスペースは共有部分で動かせず、床下にゆとりが無ければ工事自体が難しくなってきます。床をはがしてということであれば、ある程度は動かすことは可能です。

マンションの場合は、管理規約などがあるため、やりたい工事ができるのかを確認しておくことも大切です。

PAGE TOP