外装は、家の顔とも言える外観の重要な要素です。
外壁や屋根が傷むと劣化して、最悪の場合雨漏りなどの原因になるので定期的にチェックし、早めの対策をおすすめします。メンテナンスと予防を兼ねて、外装を一新すればお家のイメージチェンジにもなります。


外壁は塗装と、外壁自体の交換という方法があります。塗装の方がコストは安く済みます。通常は塗装が第一選択肢ですが、一部劣化の影響で張り替える必要がある場合は、全体を一新してもいいかもしれません。
【張り替えとは?】
文字通り、既存のものを剥がして新しく外壁を貼っていきます。最新の外壁材は汚れが付着しにくく雨などで洗い落ちる加工がされています。塗料の進化で塗装サイクルが長く20年塗り替え不要のものもあります。一度すべて剥がしますので断熱材の見直しもできます。デメリットとしては、コストがかかる事と、住みながらのリフォームが難しくなる点が挙げられます。
【カバー工法】
張り替えは、既存のものを撤去する手間や処分費がかさみ、コスト増につながります。そこでおすすめなのがカバー工法です。
カバー工法は、既存の外壁の上から重ね張りをしていきますので、剥がした外壁を撤去・処分する費用がかかりません。また、カバー工法用の外壁材は、断熱材と同じウレタンフォーム一体成形の金属サイディングなので、外断熱工法と同じ断熱効果があります。薄くて軽くて丈夫。家廻りを覆うので耐震性のUPにもつながります。


【カバー工法】
屋根もカバー工法により重ね張りする事ができます。ただし、瓦屋根は重ね張りできません。金属屋根や、コロニアル屋根などの平らな屋根は重ね張りできます。既存の屋根の上から、ルーフィングシートという防水シートを貼ります。その上から新しい屋根材を葺いていきます。撤去費や処分費がかからないのでコストが削減できておすすめです。

金属屋根

【葺き替え】
瓦を外し、同じようにルーフィングシートを貼り屋根を葺きます。屋根を剥がした時に下地調整をするので、雨漏りが無いかなどメンテナンスができます。新しい屋根は金属や、コロニアルなど軽い屋根が良いでしょう。瓦は重く、地震の揺れを増幅させ、メンテナンスにお金がかかるのであまりお勧めできません。漆喰は本来2~3年ごとに塗りなおす必要があります。意匠性のある金属屋根も多くなってきているのでぜひこの機会に軽い屋根にして、耐震性のアップとお家のイメージアップをしましょう!

PAGE TOP