一生後悔したくない!失敗しない土地選びのコツ

失敗しない土地選びのコツ

家を建てるためには、当然ながら家を建てるスペースが空いた土地が必要です。建替えや、すでに土地を所有している方は不要ですが、土地探しから家づくりを考える場合、どのようにすればよいのでしょうか。

●失敗しない土地選びのポイント

計画の段階から家づくりとセットで考える
土地を先に取得してから後で「希望の家がつくれない」なんてことのないように、まずは造りたい家を具体的にイメージし、その家が建てられる土地を選ぶのがコツです。また、資金計画は家づくりにおいて最重要な要素なので、ここもセットで考えた方が良い理由のひとつです。

法規制を知る
土地には様々な決まりごとがあります。
例えばその土地にどのくらいの大きさの家が建てられるのかという「建ぺい率」「容積率」があります。
家の隣に突然大きな工場が建てられないようになどといった「用途地域」の制限や、原則家を建てられるエリアがあらかじめ決まっていたり、日照や通風を妨げない為の制限など、他にもたくさんの制限があります。
不動産会社は家づくりのプロではない為に、勧められるがままに決めてしまうと、希望の家が建てられないなんてこともありますのでご注意を。

希望の条件を整理する
条件が良い物件が一概に良いとは言えません。利便性が良い人気のエリアは価格もそれなりになります。また駅に近い、主要道路の近く、大型の商業施設の近くなどは、朝・夕・休日は大渋滞に、なんてことも。また、学区にこだわりすぎて失敗するケースも多々あります。

必ず第三者の意見を聞く
様々な情報を元に最終判断をするのは自分達なのですが、必ずプロのアドバイスを聞くようにしましょう。お客様目線に立っているプロのアドバイザーなら、メリットだけでなくデメリットもきちんと教えてくれます。

PAGE TOP