リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションのメリット・デメリット

住宅の空き家問題もあり、中古の住宅を購入しリノベーションをする。という事に注目が集まっています。
しかし、既存の住宅を改修するリノベーションは、できる事できない事を始め、様々なメリット・デメリットがあります。それらをよく理解した上で計画を立て進めないと、後々大きな後悔とトラブルになるので注意が必要です。

リノベーションは、元々持家だったり、贈与で取得、お得な中古物件が手に入ったなど、新築・建替えをするより資金面で余裕ができやすいです。また住み慣れた土地、希望する立地条件が手に入るといった場合もあるでしょう。工事をする前には実際の現場を見ながら打ち合わせをするので、サイズ感などがイメージしやすいとも言えます。
その反面、元の家の状態に左右されると、金額は割高になるので予算のバランスに注意が必要です。構造により動かせる柱、動かせない柱があるので希望する間取りにできない事も考えられます。家の造りによってはかなり制限があります。また、工事を進めないと分からない事があり、結果、追加で費用が発生することも考えられます。
中古住宅の購入をする場合、希望の間取りにしやすい、立地条件が良い、予算に合う物件を探すのに時間がかかる事もあります。

メリット ・金銭面で新築や建替えより費用がかからない場合が多い
・浮いた予算でグレードアップも可能
・立地条件でも大きなメリットがある
デメリット ・好みの間取りにできないばかりか、構造によりかなりの制約を受ける。できない場合もある。
・追加費用の発生など資金計画通りにならないなど予想が難しい。
・物件探しの手間がかかる。

PAGE TOP