こんなご相談がありました!
階段下のトイレでなおかつ壁からも離れていたのでかなり狭いのが悩みでした。
思いきってコンパクトなタンクレストイレに変えたおかげで元の位置からも奥に行ったので足元も広くなりました。
提案してもらった壁紙も素敵で明るく圧迫感もなくなりとても広く感じます。手洗い器をつけても全然狭くないです。こんなに変わるならもっと早くリフォームしていればと後悔しています。
お友達にも見せたくて家に招待する回数も増えました。本当に汚れにくくて掃除も簡単だから気兼ねなく呼べるのもありがたいです。(水戸市80代H様)

暗くて寒いは今や昔!?

水まわりはどうしても北側に集中するので根本的に対応するには大掛かりな工事が必要ですが簡単なリフォームで劇的にイメージが変わります。

クロス交換
壁紙を変えるだけで温かみが加わり明るく生まれ変わります。水まわりに強いものや抗菌効果のあるものがあるのでカビ対策にも。木目調やモダンなデザインをアクセントに使えばオシャレな空間に早変わり。
タンクレストイレ
一般的なトイレは約1帖ほどの広さが多いのですが階段下を有効利用したりと狭くなりがちです。圧迫感もありなんとかならないものかとお悩みの方も多いのではないでしょうか。そんな方にオススメなのがこちら。
その名の通り圧迫感の原因にもなっていた大きなタンクがすっぽりなくなったトイレです。
タンクが無いことで奥行に広がりができ同じ空間でもゆとりが生まれます。
タンクが無いので別に手洗いが必要になりますが手洗い器を設置しても余裕の広さを感じることができます。

 


最新トイレのお得ポイント!

トイレのイメージというと、暗くて寒い。臭いや汚れが気になるなどたくさんありますよね。実際、お客様からもよく言われる言葉です。そんなトイレをリフォームで劇的にイメージアップし、お得にする方法をご紹介します。
各社で多少の違いはあるものの近年のトイレはここ10年でも大幅に進化しました。
1.汚れにくい
2.掃除がしやすい
3.節約できる

まず汚れにくいですが便器の表面をなめらかにして、汚れを付きにくくしたり、ぐるっと流れやすい形状にしたり汚れない工夫がいっぱいでそれらのおかげで掃除もしやすくなっています。
またプラズマクラスターやナノイーなどの家電でおなじみのイオン技術で除菌や消臭までこなします。なかでもTOTOの独自技術「除菌水」は水道水を電気分解させる事で一時的に除菌ができる成分に。時間がたつと元の水に戻るので環境にも優しいですね。
そして使う水の量も15年前のものと比べると約1/3に大幅節水。使い方を学習し使用するときに作用するので節電もできます。使い方にもよりますが光熱費は年間約2万円程節約できる場合も。

迷っちゃうあなたに!各社トイレの特徴

PAGE TOP